スポンサーサイト

  • 2013.08.07 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    毛糸のおっぱいプロジェクト 東日本大震災 被災女性支援 「あむあむおっぴ」のご紹介

    • 2012.01.10 Tuesday
    • 12:06
    東日本大震災で被災された方への支援プロジェクトの一つで、「毛糸のおっぱいプロジェクト」があります。宮城県仙台の助産院が主催となって活動されています。「あむあむおっぴ」という手編みであたたかみのあるぬいぐるみです。haretoke店頭でも毛糸でできたかわいいおっぱいのぬいぐるみをすこしですが置かせて頂くことになりました。是非お手にとってみてください。みなさんと共に息の長い支援を続けて行ければと思います。

     宮城の方言で、そう祖父母のことを、尊敬と親しみをこめて、おっぴさん、ぴぴちゃん、おっぴさま・・と呼びます。
     津波からは逃れたものの、コミュニティーを分断され、心の置き所なく孤独な日々を過ごしておられる方たちが沢山おられます。
     そんな中、被災された女性たちが、集いおしゃべりしながら手仕事を楽しむことで、少しでも心安らかな時間を過ごしてほしい・・と、みやぎジョネットは、各地でサロンを開いてきました。
     私たち助産師は、おっぱいの含ませ方や搾乳の仕方などをお話するとき、マッサージの練習をするとき、おっぱい模型をよく使います。
     これを、このサロンのおっぴさまたちに依頼し編んでもらうことにしました。子育て中のママと助産師有志で立ち上げたプロジェクトです。
     大切な人・自分の居場所・大事な思い出の品々・・・かけがえのない沢山のものを突然奪われてしまったおっぴさまたちが、次の世代に想いをはせながら編んでくれたおっぱい模型に、私たちは「あむあむおっぴ」と名付けました。母乳育児の教材のみならず、安産のお守りに、母乳がいっぱいでるよう祈りを込めた飾り物に、お子さんへのプレゼントに、おひとついかがですか?「あむあむおっぴ」にメッセージ葉書を同封しています。切手を貼って投函して頂くと、編み手さんへ、買ってくださった方の声が届きます。

    毛糸のおっぱいプロジェクトサイトはこちら
    おひとつ2000円です。(内訳など詳しい情報はサイトに記載されています)


    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2013.08.07 Wednesday
      • 12:06
      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 「びわの葉療法 WS 身近な植物でお手当てしましょう 」
          daryasmine (02/13)
        • 「びわの葉療法 WS 身近な植物でお手当てしましょう 」
          haretoke (02/07)
        • 「びわの葉療法 WS 身近な植物でお手当てしましょう 」
          福田公子 (02/06)

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM